抜け毛のこういう状態は要注意!

抜け毛は、自然のことだから、と思っている方は多いようです。

 

でも、髪の毛は生命エネルギーの現れです。きちんとケアしていても抜けてしまう場合は、出来たら、検査を受けた方がいいです。内臓や神経系に問題がおきていて出る抜け毛もあります。特に薬の影響やストレスで、抜けてしまう場合は注意しましょう。

 

私が体験したのは過労死寸前の状態の脱毛でした。働きすぎたうえに金銭的な事情で、食事が不規則だったときに髪がごそっと抜けました。給与不払いにあっていたので食べられなかったのです。低体温症で救急搬送です。その後に難聴等病気が出てしまったのです。粘膜が弱って鼻血が止まらないという状況でした。

 

また、ひこう性脱毛症、全身の皮膚病、月経も血が出て止まらない、そういうことが多いのでエストロゲン分泌の不足の可能性もあるので、先にホルモン値の検査を受けました。抜け毛が出る方で他の身体症状が出る方は脳や生殖器が働いていないことがあります。女性がエストロゲン不足ですと、不妊や骨粗鬆症のリスクが高まります。中には男女どちらでもない身体の持ち主もおいでです。インターセックスと言って60種ほどあるのです。ここまで極端でなくとも急に抜けてしまった場合はすぐ受診です。

 

あちこち調べて頂くと、体の病気がないか確認できます。場合によっては脳腫瘍等が見つかる、発達に問題があることもあります。ただの抜け毛でないなと思った場合はすぐ皮膚科に行くといいでしょう。おかしいと思ったら紹介状を書いてくれます。
>>抜け毛を自宅で改善する育毛剤