ヘアサイクルを知っておく

髪は長い友達と言いますが、それは幻想です。

 

人間の組織は常時代謝で変化しています。

 

比較的長くもつのは歯ですね。子供の時上の歯が抜けた時は縁側の下、下の歯が抜けた時には屋根になげ「ネズミさん、ネズミさんこの歯をあげるのであんたの良い歯をくださいね」と言いまわしは様々ですが歌ったものです。永久歯は髪と違って抜けたらおしまいですが、髪はまた生えてきます。

 

私たちの細胞は毎日一定数入れ替わります。髪の細胞にも寿命があって入れ替わります。この動きをアポトーシスと言います。抜け毛は毎日出て当然なのです。ただし、次の毛が生えてくる場合の話です。

 

あえて例えますと歯のように再生不能なものは人でいうと親です。

 

産みの親は変えられないのです。

 

髪はさしずめ、恋人です。恋心は脳の関係で数年しか持ちません。

 

髪の寿命も同じです。恋心と同じように髪も周期を持ちます。毛根と言う部分が髪の毛が育つ元です。最初はよく育つ成長期です。次には成長が終わって伸びなくなって、抜けていく停滞期、この時期が抜け毛が増える時期です。そしてまったく生えなくなってしまう休止期です。恋人でもそうですね。最初は毎日話しても飽きないのに徐々に新鮮味が無くなって最初の努力もなく、最後は自然消滅です。本当は自然消滅の前の停滞期やなってしまった休止期に気にかけるなどすれば回復は可能ですが、ここで手を抜くともう抜け毛も、愛情も戻ってこないです。

 

おかしな例えですが習慣で抜け毛が出るという事は髪の毛との関係性でゆがみがあるということで他人と同じなのです。