抜け毛と年齢

特定の病気や、症状が出やすい年代を好発年齢と言います。

 

円形脱毛症等1部をのぞいて抜け毛を起こす脱毛症は性ホルモンが関与していますので加齢とともに抜け毛がふえていきます。

 

論語では、孔子が自分の年代のこと70歳まで語るくだりがあります。実は彼のピークは「五十にて天命を知る」というこの年代です。

 

丁度40か50代が抜け毛が増える年代です。男性型脱毛症、びまん性脱毛症もこの年代が従来の抜け毛の脱毛症のピークだったのです。ですが、今は若年性脱毛症、特に男性型脱毛症が20代でも出てきてしまうことが多くなってきました。俗にいう若はげです。

 

何故、今お若い方の抜け毛や脱毛症が増えているのかには様々な理由があります。

 

皆様、リテラシーという言葉を御存知ですか。読み書きの力ですが、何かの情報を集めて判断し実行する力のことです。大学教授の知人がいつも嘆くのは今のお若い方は素直すぎるということです。他人のいうことに諾としたがってしまうということです。この状態ですと非常にストレスがたまります。大人になってからは学校のように、指導者はいません。むちゃくちゃな上司の言いなりになって自律神経を傷め加齢が早くなってしまうということもあります。

 

抜け毛のもとの無茶なダイエットもそうです。本に書いてあったらとことんやってしまうのは、抜け毛以外にも健康によくないです。多少摩擦が起きても私はこう思うと言えますといいにせよ悪しきにせよ、反応があって自動的に考えの材料が手に入り、抜け毛に対して向き合う力も出てきます。