抜け毛と性差

抜け毛や脱毛症には男女で発症しやすいものが違います。

 

多くの場合は性ホルモンの影響です。脱毛症の種類によって、対応法が違います。

 

男性は額側から抜け毛が出ていく男性型脱毛症が多いです。略称はAGAです。

 

たまに男性ホルモンが要因という説明がなされますが、誤解を招くいい方です。男性ホルモンには種類が沢山あるのです。

 

髪に悪さをするジヒドロテストステロンが犯人です。普通の男性ホルモンが酵素で変化すると、髪にダメージが来ます。ジヒドロテストステロンの邪魔をするフィナステリド、日本ではプロペシアが処方薬です。

 

女性も男性型脱毛症になります。もともと身体の中にある男性ホルモンが女性ホルモンに1部は変化するのです。女性男性型脱毛症、FAGAという状態は普通のAGAよりも厄介です。プロペシアは女性には使えません。血管を広げるミノキシジル製剤が適用されます。リアップという塗布薬が一般薬として販売されています。

 

後は、ひこう性脱毛症、脂漏性脱毛症もどちらかと言うと男性に多い病気です。頭皮は女性ホルモンのエストロゲンが守っていますので、男性は皮膚にいる菌のバランスが崩れやすいのです。

 

このエストロゲンが加齢によって、減ってしまうとびまん性脱毛症になります。全体的に薄く地肌が見えるように抜け毛が出ていくのが特徴です。エストロゲンが全くなくなることは無いので女性は無毛になるまで抜け毛が出てしまうことは稀です。

 

後は髪型の関係で牽引性脱毛症も女性に多い病気です。

 

ルプルプ薬用育毛エッセンス 効果